▲メールマガジンのページに戻る

睡眠による長い絶食のため、起床時は体内のエネルギーが不足気味です。ここできちんとエネルギー補給することが大切。朝食でエネルギーを補給してあげれば体温が上がり活力がでて1日のスタートをエネルギッシュに始めることが出来ます。朝食を抜いて飢えた状態でいると「脂肪溜め込みモード」に入ってしまいます。

朝は苦手という人はジュース1杯、ヨーグルト1 コでも良いので口にする習慣をつけてください。
 
なんとなく時間が来て食べる間食や、職場で出されるおやつ、その場にあるので食べてしまうお菓子などはダイエットの大敵!! 空腹を感じて食べるのは良いのですが、おなかもすいてないのに食べてしまう間食は避けましょう。

外食で出てきたものも全部たべる必要はありません。食べ物を捨てることは非常にもったいないことですが、おなかに捨てるよりはましだと思ってください。
 
睡眠中は消費エネルギーが減るので、寝る前の食事は体脂肪になりやすいことを覚えておいてください。極端に夕食を減らす必要はありません。主要なエネルギー源となる炭水化物を控えめにしましょう。夕食でご飯1膳の人は半膳に、2膳の人は1膳にして見ましょう。おかずは温野菜などを加えると摂取カロリーを抑えて満腹感を得ることが出来ます。

また、夕食の時間を早めに摂ることも大事。寝る2時間か3時間前に摂りたいものです。
 

 

(C) 2005 VIVA Co., Ltd. All rights reserved.